humanoil 一覧

女性ホルモン減少と薄毛の関係

女性ホルモンは年齢とともにどんどん減少してきます。
そして、それは私たちの体に様々な変化をもたらします。
例えばその一つが、薄毛です。

ふさふさだった黒い髪がどんどんと抜けていくのは、
女性としてはとても悲しいことです。
隠そうとしてもなかなか隠れません。

では、女性ホルモンと薄毛にはどんな関係があるのでしょうか。

それは、エストロゲンという物質が関係しています。

このエストロゲンという物質は、
毛髪を発達させて毛髪の成長を持続するという働きがあります。

しかし、このエストロゲンは40代後半からどんどんと少なくなっていきます。

少なくなっていくことで、悲しい現実として髪の成長期が短くなってしまいます。

女性ホルモンの減少は、老化現象ですのでどうしても避けることはできません。

では、女性ホルモンの減少はあきらめるしかないのでしょうか。
たしかに、ある程度諦めることはとても必要なことです。

しかし、女性ホルモンのバランスを整えることによって、
薄毛対策を行うことができます。

例えば、女性ホルモンの減少を遅らせる食事をとると薄毛対策に役立ちます。

エストロゲンと似た働きをしているといわれているのが、
大豆イソフラボンです。

この大豆イソフラボンは、
私たちの身近にある食材ですので簡単に取り入れることができます。

大豆イソフラボンが多く含まれている代表的なものとして
納豆、豆腐、ピーナツなどをあげられます。

ぜひ積極的に取り入れましょう。

食事に加えて、日々のストレスをためないように気分転換を図ることも大切です。

少しだけ早く起きて、
朝の気持ちの良い空気を体に取り入れたり、
ウォーキングなどをして体を良い状態に保つことは大切です。

加えて、自分が没頭できるような趣味を見つけることもおすすめです。

ほかにも、
頭皮にやさしい薄毛対策シャンプーなども薄毛対策に役立ちます。

今人気の女性用育毛剤なんかも、使ってみるのも良いかもしれません。

薬用育毛剤の花蘭咲(からんさ)なんかもおすすめですね。

頭皮をやさしくマッサージすると頭皮の血行を促進するので、美容院などで行ってもらえます。


産後の抜け毛の原因は?

産後の抜け毛は出産後2~3ケ月後から起こりやすく、
人によっては髪の毛を洗うたびに大量に髪が抜ける場合があります。

抜け毛の原因の1つにホルモンバランスの変化があります。

妊娠中は大量に分泌されていた女性ホルモンが出産とともに急激に減少していくため、
身体に影響が出やすくなります。

特にエストロゲンは髪の成長を促進させ、健康な状態で保つ働きがあります。

そのエストロゲンが減少することで髪の毛が抜けやすくなると考えられています。

睡眠不足も原因の1つです。

赤ちゃん、特に新生児のうちは昼夜問わず頻繁な授乳が必要となります。

人間は良質な不快睡眠時に成長ホルモンは分泌され、
髪の毛の成長をサポートしていきます。

しかし、授乳で寝る時間が細切れになると浅い睡眠を繰り返すことになるため、
成長ホルモンの分泌も減少してしまいます。

ストレスも原因の1つで、
ストレスを感じると全身の血行が悪くなりやすく髪の毛まで十分な栄養が行き届きにくくなります。

髪の毛が栄養不足になることで抜け毛へとつながります。

特に、初めての出産の場合慣れない育児や赤ちゃん中心の生活になるため、
自分の時間がとれずにストレスがたまりがちです。

赤ちゃんのお世話になれるまでは難しいと思いますが、
まずは3回の食事をできるだけ規則正しくとるようにし一息つける時間を見つけるようにしましょう。

抜け毛を気にしすぎるのもストレスの原因となります。

産後の抜け毛はずっと続くものではなく、
一定期間が過ぎると少しずつ改善していきます。

神経質になりすぎないように上手に気分転換していきたいものです。

赤ちゃんのお世話を全て1人でこなそうとすると、
自分が休む時間がなくなってしまいます。

可能であるならばたまには周りの家族に赤ちゃんのお世話をお願いして、
短時間であっても仮眠をとり少しでも身体を休めるようにしましょう。

それができない場合は、
せめて体力が回復するまでの間は赤ちゃんが寝ている間は自分自身も休むようにしましょう。


1 2 3